家相では、建物の出ている部分と引っ込んでいる部分の幅によって、良し悪し(吉相と凶相)を判断していきます。ちょうどよく出ている部分を「張り(吉)」、バランスの悪いへこみ部分を「欠け(凶)」といいます。つまり、家相の吉凶を判断する際には、家の凸凹(張り欠け)をしっかりと見極める必要があります。

このページでは、家相の吉凶を判断するうえで重要な家の形の見極めるうえで必要な「張り欠けの見方」を説明していきます。

家相における張りと欠けの見方

家相を見るときのポイントとして、特に重要視されるのが「建物の形(構え)」です。

建物の形が良いことを家相では最も大切だと考えます。建物の形が悪いといくら間取りを良くしても凶作用が出てしまうものです。物事の表面だけを繕っても意味がないのと同じように、基本的な家の形が整っていないと間取りをいい配置にしても凶であることは同じであるため意味がありません。

良い家相に整えるための基準は、シンプルな四角形(長方形や正方形など)から考えていきます。四角形から張り出させる幅が、張りなのか欠けなのかの見極めが大切です。

家相でいう吉相(良い形)とは

家相でいう、吉相(良い形)の建物とは、一辺の長さに対して3分の1(1/3)以内の幅で張り出している形状を言います。この「張り出し部分を1辺の3分の1以内の幅に収める」ということが、吉相の家を作る際の一つの基準です。この基準に収まっている張り出した部分を「張り」と言います。まずは、下記の図をご確認ください。

この図のAに対するaのように、建物の角から出ている箇所がある家は、一辺の長さに対して、3分の1以内に張り出し部分をおさえているので吉相の建物と判断します。このように形がよい状態を「張り(吉)」のある吉相の家というのです。張りのある個所は、その部分が担当する物事の吉作用が住人にもたらされることになります。

家相でいう凶相(悪い形)とは

一方、Bに対するbのように、一辺の長さに対して3分の1以上出ている場合は、張り(吉)となりません。逆に、「引っ込んでいる状態」と考えるのです。この引っ込んでいる部分が「欠け」と呼ばれ、欠けのある個所の担当する物事の凶作用を住人は受けることになります。

つまり、張り出しが大きすぎる(出すぎている)ことにより、欠け(凶)が生まれるのです。家相では、基本の形を四角形と考えるため、足りない部分を「欠け」といい、良くない現象(凶作用)が起こる考えます。

1辺の途中が出ている場合の吉凶

次に、建物の角からではなく、建物の途中から張り出している場合を見ていきましょう。

建物の角から出ていない場合、一辺の長さに対して5分の1以内の出っ張り部分は「張り(吉)」になります。それ以上出ている場合は、その出すぎている箇所の両脇が「欠け(凶)」になるです。

「張りのある家」は、住んでいると良いことがある家です。これを吉相と言います。一方で「欠けのある家」は、住んでいると運気が悪いと実感するような出来事や問題が起こる凶相の家です。

真四角の家の家相

では、張りも欠けも無い四角い家にしておけば良いかというと、そうではありません。

ポーチは外気にさらされているため、外としてみます。そのため、この家は凹凸のない真四角の家です。

張りも欠けも無い吉凶無しの真四角の家に住むと、良いことも悪いことも無い代わりに、発展することがなく、衰退のみの人生となると考えます。どこかに必ず小さくていいので張りを設けるようにしましょう。

張りは吉、欠けは凶

家相鑑定では、「張りを吉」「欠けを凶」と判断します。建物の中心から北方位を特定し、その他の方位を確認し、その方位の持つ意味と家の形状を合わせて考えていきます。

家相を考えるときの中心の出し方

家相を見るときの中心とは、建物の重力中心です。大黒柱の位置や主人の寝室を中心に考えるのではありません。

中心を探す際には、外気にさらされていない部分を家の中として考え、重力の中心を出していきます。玄関ポーチやウッドデッキは外気にさらされているため、家の外となり重力中心を出す際には含めてはいけません。しかし、サンルームは外気と遮断された空間であるため、家相を見る際には含めます。

家の形がはっきりとしたら、何か先のとがったものの上に置いて重力の中心をさがしてみましょう。

このようにバランスが取れたところが重力の中心です。この中心地点から北を合わせていきます。北は真北を用いてください。磁北は年々ずれていきます。動くものを基準にするということはありえません。くれぐれも真北を使って判断しましょう。

家相における吉凶の現象事例

例えば、「東南に張りがある家に住むと、信頼や信用を得られ、商売が繁栄する吉相」「北に張りある家に住む人は人間関係がとても円滑で、家族仲も良い」「西に欠けのある家に住むとお金が無くなる凶相」「南に欠けを持つ家の夫婦は離婚しやすい」などと見ていきます。

この判断は、九星気学をもとに発展した家相鑑定独特の読み方です。しかしそれだけではなく、先人の知恵として受け継がれて事実もあります。

例えば、大きな張り(=出すぎている)や大きな欠け(=ひっこんでいる)は、風の通りや採光を悪くします。そのため湿気がたまり、カビを発生させやすくなってしまいます。その結果、家が傷みやすく修繕費がかかるので、欠けは凶を産むと考えられました。

また、デザインにこだわった凹凸を多く持つ複雑な家は、屋根の形状も複雑になります。そのために雨漏りが起こりやすく、常に日陰となる場所ができてしまいます。そのような場所は湿気がたまりやすく、カビ対策が欠かせません。その結果として耐久性が悪くなり、手間とお金がかかります。

このような凶作用は、建物の強度にも影響を与えてしまいます。建物の耐震性は四角い建物ほど重心を取りやすく、しっかりとしています。そのため張りがあると良いことが起こるからと、むやみに凸凹を作ってはいけません。張り欠けの複雑な計算をした場合、たいていの家相鑑定で凶になるだけでなく、建物の耐震性、耐久性などにも悪影響が出てしまいます。

あらゆる面から冷静に判断して、バランスよく「張り」や「欠け」を取り入れることで、住人の運気を上げるだけでなく、家の耐久性や耐震性まで良くなります。

建物の吉凶は1階の形状が基準

張り欠けの判断基準や意味をお伝えしてきましたが、1階と2階の形状が違う場合、どう判断すればよいか迷うと思います。

家相は大地からのエネルギーに影響を受けると考えるため、家相鑑定は1階図面で判断します。2階図面は補助的な要素として見ていきます。1階図面で見えてくるものは、そこに住む家族全員の様子ですが、2階の家相は2階を主に使う人に影響を与えます。

例えば、1階がすべて駐車場や店舗など、住居として使われていない家に住んでいる場合もあると思います。この場合、そこに住む人は大地からのエネルギーをもらえないので、凶相の家に住んでいると判断します。

1階部分が住居になっていない家に住むと、常に地に足がついていない状態であることから、「どうも落ち着かない」「足元が冷えやすい」「親子間に思考のギャップがある」「度を超した夢を追いかける」などの現象が起こってきます。

まとめ

家相では、1階の形状と使用用途がとても重要なのです。そのため、張りや欠けは1階部分の1辺の長さで計算をしていきます。2階に張りや欠けがあったとしても、さほど影響はありません。

1階が図面上バランスの良い張りを持つ家は、運気だけでなく、構造上もとても良い家だといえます。

このように、運気の上がる家には張りがあります。一方で欠けのある家では、悪い作用があります。また、これは一階部分の形状が大きく影響をしてきます。

これまでの人生を振り返り、思い通りにいっていないことはないでしょうか。その場合、もしかしたら住んでいる家に問題があるかもしれません。ここまで述べてきたことを理解し、家の張りや1階の使用用途について考え直せば、それだけで人生が好転するようになります。

家相(間取り)が変われば人生が好転する

これまで運がないと感じたり、どれだけ頑張ってもうまくいかなかったりすることはないでしょうか。

例えば仕事であれば、ブラック企業で働いていて収入や休みが少なく、労働時間が長いわりに給料は良くないことがあります。その場合、体が疲れ切っていて調子が悪いです。

また健康であれば、「脳梗塞になった」「がんと診断された」「ヘルニアになった」などを含め、何だか体調がすぐれないことがあります。

家族関係も大きな問題です。夫婦仲、息子、親、兄弟との関係が冷えていると家で過ごすプライベート時間が居心地の悪いものになります。他にも人間関係という意味では、上司・部下、同僚、ママ友、近所づきあいなども関わってきます。

こうした問題を抱えている人の家相・風水を私は長年みてきました。それらに共通することは、どれも家相が悪いということです。例えば仕事運のない人は「仕事で信頼されにくいとされる間取りの家」に住んでいます。健康に問題のある方は「健康を害しやすい家相の家」に住み続けています。

そこで家相(間取り)を変えれば、1年以内にそれまでの人生が好転するようになります。