家具や家電を購入したり、模様替えをしたり、カーテンやソファーなどを買い揃える際に、色選びに迷う方は多いのではないでしょうか。

家相や風水では、方位に合った色の配置をすることで運気を上げることができると考えます。逆に、方位と相性の悪い色合いを配置すると良くありません。たとえば、家族間でもめ事が起こったり、金運を下げたりしてしまうのです。

このページでは、方位別に相性の良い色を使用し、運気を上げるためのインテリアの色選びについて解説していきます。

色の正体ってなに?

出典:サリルサンティ・ブログ

色は、無色透明に見える光の中にある電磁波の一種です。電磁波は、波長の長さによって性質に違いがあります。波長の長さは㎚(ナノメーター)で表され、1㎚は10億分の1m(100万分の1㎜)です。

目には見えないたくさんの電磁波が、世の中には飛び交っています。その中で、人間が見ることのできる電磁波があるのです。その電磁波の波長の長さは、赤外線と紫外線の間の約380㎚から780㎚までの範囲にあります。この範囲にある電磁波は、波長の長い方から、赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の色に見えるのです。

色は、形や質感のようにそのもの自体についているように見えて、実は物体についているのではないということになります。

色が見える仕組みは、光が物体に当たり、反射した波長を人間の目が受け取って、脳で処理し感じるものなのです。つまり、色は電磁波の一種ですから、見る人の心や身体に影響を与えるエネルギーだといえます。

色はエネルギーですから、その色と相性の悪い方位に配置すると、家族間にもめ事が起こったり、悩むことが多くなったり、どんどんお金が出て行ってしまったりという現象を引き起こしますので、注意が必要です。

逆に、色を意識して置く場所を選ぶと、運気が良くなっていきます。では、何色をどこに置いたら良いのでしょうか。

方位にはそれぞれ合った色がある

家相や風水の基本的な考え方の中に、五行説(ごぎょうせつ)があります。五行説は、世の中のものをすべて理論的に5種類(木・火・土・金・水)に分けることによって、問題解決をはやめる考え方です。

物ごとを発展させたいときには、相性の良いものを合わせることによってパワーを強め、収束させたいときには、相性の悪いもので攻撃し、パワーを弱めます。

上の図は、相性の良い関係性が緑色の矢印「相性(そうしょう)関係」悪い関係性が黒色の矢印「相剋(そうこく)関係」です。

良い関係性とは、水は木を育て、木はこすれあって火を生み、火は燃え尽きて灰になり土を生み出し、土の中から金が掘り出され、金の表面が冷えると水滴ができるという「生み出す関係性」をいいます。

悪い関係性とは、水は火を消し、火は金を溶かし、金は木を切り倒し、木は土の栄養素を吸い取り、土は水をせき止めるという「攻撃する関係性」です。

この五行説の考え方では、方位や色もそれぞれ5つの性質に分けることができます。

方位別色と性質一覧

方位 性質
白・黒・グレー
北東 ベージュ
東南
赤・紫
南西
西 オレンジ・ピンク
北西 金・銀・パール
中央

これらを五行説に当てはめて考えていくと、それぞれの方位と相性の良い色と悪い色が分かります。

相性の良くない色が原因のトラブル

五行説での相性の良し悪しと色と方位の関係性を詳しくみていきましょう。

先ほど述べたように、相性の良い方位に適した色のものを置くと、家の中を活性化してくれます。しかし、相性の悪い方位に置くと、家の中にトラブルを引き寄せるのです。

南に白・黒・グレーはトラブルの元

「白」の本来の定位置は「北」で「水」の性質を持っています。北に白いものを置くことは、本来の位置なので無難です。しかし、発展させたいなら「水」と相性が良い「金」と「木」に属する色を活用しましょう。逆に、相性が悪い相剋関係は「火」です。

つまり、金の方位である「西と北西」と、木の方位である「東と東南」は、白と相性が良いけれど、火の方位である「南」とは相性が悪いということになります。

ですから、白い家具を南に置くと、火と水の性質がぶつかり合い攻撃性のある関係が家の中に生まれ、家

族間でもめ事が発生するので注意しましょう。

逆の場合も同じような現象になります。つまり、北に火の性質を持つ赤と紫を置くと、南に白を置いたときと同じようにもめ事が起こるのです。

  • 北には赤と紫はダメ
  • 南には白・黒・グレーはダメ

と覚えておきましょう。

西に赤・青・紫は金運ダウンの原因

西は金運を左右する方位です。金は火によって溶かされてしまうので、西に火の性質を持つ赤と紫のものを置いてはいけません。これは、家の中だけでなく、庭に植えてある木々も影響を及ぼします。

実際に家相鑑定のご依頼をいただき、見させていただいた中でよくあるのは、西に赤い実のなる「南天の木」を植えているケースです。

「災い転じて福を呼び寄せる」といわれ縁起が良いと、南天は人気のある植物ですが、西に植えてはいけません。赤い実のなっているときは、特に金運が落ちます。

旦那さんが昇進して、給料が上がったにもかかわらず、赤字で貯金を食いつぶしていることを気にかけてご相談にいらした方の庭を確認すると、西に大きな南天が2本植えてある言われました。鑑定後、すぐに移動したら出費が止まったそうです。

金運を溶かしてしまう火の性質を持つ色は赤だけではありません。紫も火の性質を持ちますので、西にはラベンダーなど紫色の花が咲く植物も植えないようにしましょう。

方位別おすすめカラー一覧

ここでは、それぞれの方位の持つ本来の色と相性の良い色を「お勧めカラー」としてまとめました。また、なるべく避けてほしい色は「タブーカラー」としています。これからインテリアの色を選ぶ際にご活用ください。

方位 お勧めカラー タブーカラー
 オレンジ・ピンク・金・銀・青・緑・白・黒・グレー 赤・紫 
北東 赤・紫・ベージュ・黄・茶・オレンジ・ピンク・金・銀 青・緑
白・黒・グレー・青・緑・赤・紫  オレンジ・ピンク・金・銀
東南 白・黒・グレー・青・緑・赤・紫  オレンジ・ピンク・金・銀
青・緑・赤・紫・黄・ベージュ・茶 白・黒・グレー 
南西  赤・紫・ベージュ・黄・茶・オレンジ・ピンク・金・銀 青・緑
西  黄・ベージュ・茶・金・銀・オレンジ・ピンク・白・黒・グレー  赤・紫・青
北西 黄・ベージュ・茶・金・銀・オレンジ・ピンク・白・黒・グレー 赤・紫・青
中央 赤・紫・ベージュ・黄・茶・オレンジ・ピンク・金・銀  青・緑

タブーカラーの中で、赤く色を付けた色に関しては、特に注意してください。

北に赤・紫のものを置くと人間関係に問題が出る原因になるのです。また、南に白・黒・グレーのものを置くとケンカや闘争が起こってしまいます。西に赤と紫のものを置くと金運を燃やしてしまい、青いものを置くと金運を冷ましてしまうので避けましょう。

カーテンやソファーなどの大きな面積を占めるものだけでなく、ティッシュカバーやクッションなど細かいファブリックの色にも気を配ってください。

ここで、私の家で実際にあった事例をご紹介しましょう。ある日、スーパーへ日常に使うものを少し買いに行ったつもりが、1万円以上使ってしまった事がありました。ついつい、ついでにこれも買っておこうと思ってしまったのです。そんなつもりはなかったので、どうしてかなぁ~と気になりながら、家に帰って目に入ったのは、いつもは東に置いている青色のカバーをかけたティッシュが西に置かれている状況でした。

西に青色のものを置くと、経済を冷やしてしまうため金運をダウンさせてしまうのです。

このように、インテリアの色は無意識に住む人の行動に影響を与えてしまいます。気分で選んでしまいがちな小物類の色ですが、生活に影響が出ますから方位との相性をみて置くようにしましょう。

まとめ

インテリアにおいて、色が生活に与える影響の大きさはあまり意識されていないように感じます。

しかし、このページで解説したように、金運を左右したり、家族間の人間関係を悪くしたり、イライラさせたりする力が色にはあるのです。

そのため、方位に合った色遣いをするように意識を向けてください。それだけで、家族間のトラブルが減ります。ぜひお試しください。


家相(間取り)が変われば人生が好転する

これまで運がないと感じたり、どれだけ頑張ってもうまくいかなかったりすることはないでしょうか。

例えば仕事であれば、ブラック企業で働いていて収入や休みが少なく、労働時間が長いわりに給料は良くないことがあります。その場合、体が疲れ切っていて調子が悪いです。

また健康であれば、「脳梗塞になった」「がんと診断された」「ヘルニアになった」などを含め、何だか体調がすぐれないことがあります。

家族関係も大きな問題です。夫婦仲、息子、親、兄弟との関係が冷えていると家で過ごすプライベート時間が居心地の悪いものになります。他にも人間関係という意味では、上司・部下、同僚、ママ友、近所づきあいなども関わってきます。

こうした問題を抱えている人の家相・風水を私は長年みてきました。それらに共通することは、どれも家相が悪いということです。例えば仕事運のない人は「仕事で信頼されにくいとされる間取りの家」に住んでいます。健康に問題のある方は「健康を害しやすい家相の家」に住み続けています。

そこで家相(間取り)を変えれば、1年以内にそれまでの人生が好転するようになります。