家相・風水を取り入れた間取りを考えたとき、ベランダ(バルコニー)、ウッドデッキ、サンルーム、中庭の吉凶(良いか悪いか)の判断はどうなのか、気になるところではないでしょうか?

このような場所は洗濯物や布団を干すだけではなく、ベランダで花火を眺めたり、広いウッドデッキで家族でバーベキューをしたり、いろいろな用途で使えます。家相上でも良い状態になるように設置し、楽しんで使いたいスペースです。

家相では、ほどよく出っ張った部分(張り)があると吉相(良い家相)の家とします。逆に悪い家相とは、引っ込んだ部分がある家のことをいいます。

このページでは、ベランダ、ウッドデッキ、サンルームなどを家相でどのように判断するのか、吉のスペースとして使うためのポイントについて解説します。

ベランダ・ウッドデッキは家の外とする

家相鑑定上、ベランダ(バルコニー)やウッドデッキは建物に含めません

屋根や床があっても、壁やガラスで囲まれておらず、外気と同じ状態だからです。そのため方位にも制約はなく、自由に設置することができます。

ただし、そのスペースを設けることで家の形状がコの字型やL字型になる場合は、引っ込んでいる部分(欠け)の悪影響が出ます。

上の図面は四角く色づけた部分が欠け(凶)になっています。ウッドデッキが設置されていますが、外なので家相をみる際には含みません。このような形状の場合、ウッドデッキが設置されている方位に関連する凶作用が出てしまいます。たとえば、北にあったとすると人間関係(家庭運)、西だと経済(金運)に問題を抱える生活になります。

家相では、家を体に当てはめてみる見方もあります。北を足元、南を頭、中央を腹部として判断するのです。

上の間取り図の場合は、ウッドデッキが家の中心にあります。このような家は、身体の中心が外気と接している状態といえます。つまり、この間取りの家に住むと「身体の中心(腹部)がない=内臓疾患になる可能性が高い」とみます。ですから、家相鑑定の見地からは避けたい形状です。

一方、下図のように付属の部分としてウッドデッキやベランダを設ける場合は、全く問題ありません。

現在、家の中央にウッドデッキや中庭があったり、L字型になっていて凶相の状態であれば、イノベーション(作り変え)を検討してください。部屋として使うことが最もおすすめです。

しかし、家の中心に中庭を置いたり、コの字型やL字型にウッドデッキを設けて開放的な気分を味わいたいと考えるのであれば、インナーテラスにして楽しむことも検討してみてはいかがでしょうか。

インナーテラスとは、窓の内側に外の空間を置くスタイルです。

gallery27-02-L

出典:neie

このように、屋根を作り外気と遮断することで家相鑑定上は家の中とみなします。

近頃は、室内と室外の中間であるインナーテラスをペット専用スペースとして活用している方も増えてきました。家相鑑定上は、部屋ではないので完ぺきとはいえませんが、欠け(悪い)要素はかなり軽減します。

家相でサンルームは家の中とする

梅雨時や冬場などの洗濯物は、どうしても室内干しになってしまいます。室内干しをする場合、気になるのが「干すスペース」「生乾きの臭い」「急な来客への対応」ではありませんか?

その解消にと、サンルームを設置することを検討される方も多いように思います。

サンルーム

サンルームは、外気と遮断されたスペースですから、家相鑑定の際には家の一部とみなします。

特に設置場所に制限はありませんが、サンルームは熱がこもりやすく、温度が高くなる傾向がありますので、南に置く場合には暑くなりすぎないよう注意が必要です。

気温や湿度の差を家相鑑定では悪いこと(凶作用)が起こる原因とします。湿度対策や通気を考慮して、ほかの部屋との温度差を無くし、一定の状態を心掛けてください。

この図面の北東に設置されているサンルームは家の一部に含んで家相鑑定をしていきます。このサンルームは窓があり外気と遮断されているので、家の中として家相を鑑定する際には判断するのです。

もし、この間取りのサンルーム部分に窓がなくバルコニーやウッドデッキになっていた場合は、欠けになり悪い家相の状態だと判断します。外気から遮断されていないスペースの場合は、家の一部として含まないからです。この部分が引っ込んでいることによる欠け(凶)の作用があると考えます。

もし引っ込んでいる部分がある家の場合は、サンルームを設置することで欠け(家相の凶)を無くすことができるのです。

サンルームで吉相(良い家相)にする

ベランダやウッドデッキは家の形状に含めず、サンルームは含めて家相鑑定をします。そのため、後からサンルームを設置した場合は、その場所に張り(出っ張った部分)を作ることになります。

もし、家の形状で引っ込んでいる個所があり、家相で考えた際に気になるなら、サンルームを置くという方法で補うことが可能です。また、欠け(凶)の無い家の場合はサンルームを設置することで、張り(吉)を設け気を高めることができます。

ただ、サンルームのサイズによっては、せっかくお金をかけて設置してもかえって凶を作ってしまう場合もあるため、設置の際にはサイズと設置位置を慎重に確認することが必要です。

まとめ

ベランダ、ウッドデッキは家の外として扱います。家の形を欠けさせず(引っ込ませない)に付属するものとして置くのであれば、どの方位でも設置可能です。サンルームも同様で方位にこだわる必要はありません。

しかし、サンルームの場合は室内として考えるため、大きさや設置場所によっては欠けを生むことがあります。設置場所とサイズの確認を十分に注意しましょう。また、家の中央にウッドデッキや中庭がある場合は、かなり大変な問題が発生しますので、早急にリノベーションを検討してください。

家相(間取り)が変われば人生が好転する

これまで運がないと感じたり、どれだけ頑張ってもうまくいかなかったりすることはないでしょうか。

例えば仕事であれば、ブラック企業で働いていて収入や休みが少なく、労働時間が長いわりに給料は良くないことがあります。その場合、体が疲れ切っていて調子が悪いです。

また健康であれば、「脳梗塞になった」「がんと診断された」「ヘルニアになった」などを含め、何だか体調がすぐれないことがあります。

家族関係も大きな問題です。夫婦仲、息子、親、兄弟との関係が冷えていると家で過ごすプライベート時間が居心地の悪いものになります。他にも人間関係という意味では、上司・部下、同僚、ママ友、近所づきあいなども関わってきます。

こうした問題を抱えている人の家相・風水を私は長年みてきました。それらに共通することは、どれも家相が悪いということです。例えば仕事運のない人は「仕事で信頼されにくいとされる間取りの家」に住んでいます。健康に問題のある方は「健康を害しやすい家相の家」に住み続けています。

そこで家相(間取り)を変えれば、1年以内にそれまでの人生が好転するようになります。